湘南美容外科 橋本 目の下 たるみ取り

湘南美容外科橋本院(神奈川県相模原市)の切らない目の下のたるみ取りで見た目10歳若返る

湘南美容外科橋本院評判

写真を撮る時に「目の下に線・影」ができる
疲れていないのに「顔が疲れ気味」と言われる
お化粧・メイクで目の下のクマを隠せない
遺伝的に目袋が出ていて目立つ顔立ち

 

など、目の下のクマ・目袋でお悩みの方に朗報です。
こういった膨らむタイプの目の下のクマ・目袋を切開せずに目立たなくする、
湘南美容外科橋本院の「目の下の切らないたるみ取り」なら、
目立つ目の下のクマ・目袋を綺麗に目立たなく治すことができますよ。

 

湘南美容外科橋本院目の下の切らないたるみ取り
湘南美容外科橋本院孫 駿一郎院長目の下の切らないたるみ取り

 

【目の下のクマのタイプ別発生原因と治療方法】

1.シミなどの茶グマ

シミなどによる目の下の茶グマ

 主に40代前後の年齢の女性にみられる肝斑というシミがこのタイプに多いようです。

 その他には紫外線やお化粧やメイク落としの際に目を擦る事で出来る色素沈着、
 母斑などが原因となります。
             ↓
 シミなどの茶グマの治療法は、シミ、ソバカス、肝斑、色素沈着、母斑など
 それぞれに適したレーザー照射治療、ハイドロキノンなどの塗り薬、
 内服薬による投薬治療で対応する必要があります。
 目の下のクマのタイプは、実際にはかなり見分けがし難いケースが多い為、
 ご自分で判断されずに、ぜひ一度、プロの専門医の孫 駿一郎院長に
 拝見させて頂ければと思います。

 

2.血行不良による青グマ

血行不良による目の下の青グマ

 目の周りには眼輪筋という筋肉が存在します。

 筋肉自体は赤いのですが、血流が豊富な場所ですので、
 目の周りの皮膚から毛細血管が透けると青っぽく見えてしまうのです。
 その上、睡眠不足や疲れが溜まると血液が滞り、青グマが悪化してしまいます。
              ↓
 血行不良による青グマに関しては、疲労の蓄積が原因のひとつでもあるため、
 治療のみによる対応が難しいタイプです。
 血行改善、疲れを溜めないように、適宜、休養を取って頂く必要があると思います。

 

3.脂肪による黒グマ(脂肪の突出/眼窩脂肪ヘルニア)

脂肪による目の下の黒グマ(脂肪の突出眼窩脂肪ヘルニア)

 目の下には、眼球のクッションの役割を果たす眼窩脂肪が存在しますが、

 眼窩脂肪の量は人それぞれであり、いずれにせよ加齢とともに下垂していき、
 目の下に膨らみとして現れます。その膨らみが黒グマの原因です。
 この膨らみは、実際には黒く見えるわけではなく、
 ライトや太陽光線に上から照らされ陰になった時、膨らんだ脂肪の下には
 黒い影ができてしまうという現象です。
 「写真を撮るといつも目の下に黒い影ができる」というお悩みは、これが原因です。
 また、年齢が若いうちから脂肪による目の下に膨らみが目立つ方は、
 遺伝的に生まれつき目の下の脂肪の量が多く、眼窩というポケットの中に
 眼窩の脂肪が収まりきらない事が原因です。
               ↓

湘南美容外科橋本院院長孫 駿一郎医師

 脂肪による黒グマは、原因に対するアプローチがもっと明確であるため、

 目の下の切らないたるみ取り手術で綺麗に治せます。
 この治療法は、橋本院の孫 駿一郎院長が最も得意とする施術の一つです。

 

4.混合性による目の下のクマ
 混合性とは、上記の複数の原因が混合されて、
 実際に目の下のクマとして現れてしまう現象です。
 例えば、「目の下の脂肪が目立つからメイクで一生懸命隠そうとして、
 毎日お化粧をしてはゴシゴシとメイクを落とすことを繰り返す」
 という行為を毎日行っている方は、1と2の混合性に当たる訳です。

湘南美容外科橋本院院長孫 駿一郎ドクター

 また、それに加えて夕方によりひどくなると1+2+3の混合性になります。

                ↓
 目の下のクマを取る施術のプロフェッショナルドクターの孫 駿一郎院長が、
 丁寧なカウンセリングであなたの目の下のクマとたるみの原因を明確にし、
 あなたに最適の治療法と日常生活を送るうえでの注意点をアドバイスいたします。

 

湘南美容外科橋本院孫 駿一郎院長の目の下の切らないたるみ取りは、
2017年9月〜12月の神奈川県下執刀症例数でダントツNo.1の実績を誇っています。

 

湘南美容外科橋本院なら、あなたのタイプに合わせた対応策をご提示させい頂きます!
目の下のクマとたるみ取りなら、湘南美容外科橋本院の孫 駿一郎院長にお任せください!!

 

↓湘南美容外科クリニック橋本院の若返り美容整形↓

湘南美容外科橋本院の切らない目の下のタルミ取り手術

湘南美容外科橋本院の目の下の切らないタルミ取り手術には、
孫 駿一郎院長ならではのこだわりポイントがあります!

 

湘南美容外科橋本院目の下の切らないたるみ取り

 

湘南美容外科橋本院目の下の切らないたるみ取り評価

手術時の出血量を極めて少量に抑えることにより、施術時間はたったの30分!

しかも、手技や器具を工夫することで腫れを最小限に抑えられるため、
ダウンタイムが出にくい!
そして、角膜や組織の損傷を減らす技術により、メイクは施術後の当日からOKです。

 

目の下の切らないタルミ取り

 

湘南美容外科橋本院目の下の切らないタルミ取り.

比較的年齢が若い方で、目の下に膨らみはあるものの、
凹みが強くない方に最適な治療法です。

 

顔表面の皮膚を切らずに、目の下の脂肪を除去可能な画期的な若返り法です。
メスによる手術の切開跡はまぶたの裏側なので、
顔の表面に傷が残らず手術跡が目立たちません!
目の下の脂肪を除去することで、見た目で10歳くらいの若返りも可能です。
あなたも張りのある生き生きとした目元になれます!
約1時間で終わる短時間の施術なので、OL、主婦に一番人気の施術法です。

 

目の下の切らないタルミ取り + マイクロCRF療法(フィラーゲラー)

 

自分自身の脂肪を活用しシワやくぼみなどを解消する若返り治療法です。
凹みを解消するのみでなく、
注入部の皮膚をふっくらと見せる効果もある最新の治療法です。
従来の若返り治療で使われるヒアルロン酸注入などは効果の持続性が限定的でしたが、
この最新治療法マイクロCRF療法(FillerGeller、フィラーゲラー)は、
注入部の維持効果が永久的なのが特徴です。
ヒアルロン酸注入の即効性と、脂肪注入の肌の活性効果を兼ね備えています。

 

湘南美容外科クリニックでこのマイクロCRF療法(フィラーゲラー)が受けられるのは、
橋本院以外では、品川院、千葉センシティ院、大阪駅前院のみの限定最新治療法です。

 

そのため、橋本院には全国の患者様からの指名も殺到し、2017年度下半期施術併用症例数で、
神奈川県下でダントツNo.1の座を獲得。
湘南美容外科橋本院孫 駿一郎院長目の下の切らないたるみ取り

 

無料カウンセリングはもちろん、施術、アフターケアまで、湘南美容外科橋本院の孫 駿一郎院長が責任をもって直接担当し、
あなたにピッタリフィットした完全オーダーメイドの治療を行なっていきます。
是非一度、湘南美容外科橋本院へ無料カウンセリングにお越しください!

 

↓↓↓まずは無料カウンセリングから↓↓↓

 

↓湘南美容外科クリニック橋本院の若返り美容整形↓